子育てをするなら看護師の仕事

産婦人科の不足や託児所などの不足、また世帯主である男性の職場環境等、現在の日本は結婚し普通に子供を育てていく上で、あまりにも不安要素が多すぎる。
その為、日本の少子化は更に進む傾向があり、結婚適齢期の交際相手の調査では、実にか半数以上の若い男女が交際相手すらいないと言う統計が発表されている。
また、アベノミクスの経済政策では、「働く女性支援」を前面に打ち出しているが、現在の日本では女性が出産して一旦職場を離れると、次に求人を求める場合は、パート扱いの様な非正規雇用の求人しかない。
アベノミクスの「働く女性支援」は、国際競争によって合理化される企業の為に、単なる女性の安い労働力を求めているとしか言い様がない。
そんな中、女性が子育てをしながら安心して仕事に従事できる職業は、今は看護師をおいてほかにない。
幼い子供を預けて仕事を希望する場合は、託児所つきの求人が全国で見つかり、また子供が幼稚園に上がるまで、仕事を離れても、元の職場への再復帰や以前と変わらぬ雇用体系の勤務先がとても見つけやすい。
しかし、厳しい社会情勢の中、一般の家庭では男性の収入で家計が成り立たない世帯も多く、今は女性も共稼ぎして働いているのが通常です。
女性がパートなどの時給として働く場合、女性の収入がそのまま家計の助けになると言うケースがほとんどです。
最近は男性が家事を分担して行う家庭も増えているが、まだ「家庭の仕事は女性の役割」という風潮は残っています。女性の仕事は増えるばかりで女性が働くことが生活のゆとりに繋がらないのが現状です。もう少しお金と時間に余裕をもてない限り、子育てには時間を割けないという家庭がどんどん増加していくと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

潜在看護師の復帰がカギ